読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな贅沢を楽しむ女子旅ノート!

小さな贅沢を楽しむ女子旅ノート まだ見ぬ景色や人、美味しい食べ物との出会いを楽しむ女子旅をお話しします!

日本のミケランジェロ 石川雲蝶と出会う魚沼の旅

 



日本のミケランジェロ、越後のミケランジェロと言われる石川雲蝶は、

 

1814年江戸で生まれました。(本名・石川安兵衛)

 

江戸彫りの一流派・石川流の本流門人として、

 

20代ですでに彫物師として名を馳せていたそうです。

 

f:id:katumikosi:20160809172633p:plain

           パンフレット

 

 

f:id:katumikosi:20160703141716p:plain

 

越後入りしたのは30代前半。

 

三条・本成寺の世話役と金物店で出逢ったことに端を発するようです。

 

良い酒とノミを終生与える。」が、越後入りを決めた理由とか・・

 

のちに三条の酒井家に婿入り。

 

 

 

f:id:katumikosi:20160703141757p:plain

         ※建物内の撮影は禁止です。

     

にいがた観光ナビ

特集 日本のミケランジェロ 石川雲蝶

謎に包まれた雲蝶の人物像と圧倒的なまでに美しい作品の数々をご紹介しています。

 http://www.niigata-kankou.or.jp/shiru/rekishi/jinbutsu/uncho/

 



ノミを握ると彫りの鬼と化し、作品と向き合った雲蝶。

 

その作品は木彫りにとどまらず石彫や絵画まで及び

 

日本のミケランジェロと称えられています。



三条の住まい、菩提寺のの本成寺が火災で資料消失のため

 

謎めいた部分が多いと言われています。





魚沼の地で初めて手掛けた大作 越後日光の異名を持つ西福寺・開山堂

 

当時の住職が道元禅師の世界を表現するよう雲蝶に依頼したもの。

 

雲蝶にとって一人で手掛ける初めての大作となっています。

 

堂内の天井一面に施された「道元禅師猛虎調伏の図」は

 

驚き、感嘆、壮観!どの言葉をもってしても、足りません。





少し移動して堀之内ICの近くの永林寺も行ってみました。



永林寺は松平光長(越後高田藩主)の菩提所として

 

本堂建築を認められ、葵の紋章を許された由緒ある曹洞宗



こちらの和尚との賭けに負けた雲蝶は13年という月日をかけ、

 

彫刻、絵画など100点を超える作品を手がけたと言われています。

 

天女、雲水龍、蛇身鳥物語の欄干など立体感、躍動感のある細密な彫りです!

 

襖絵なども素晴らしく、雲蝶の絵師としての素晴らしい才能も実感できます。

 

 




 

 魚沼の自然に囲まれ、実家にいるようにゆったりと過ごせたお宿 里山十帖 

 

 

里山十条では、自然との共生、日々の暮らしを大切にすること、

普段の生活を見直す、大切な時間を過ごすことが出来ました。

 

温泉旅館として、初めてグッドデザイン賞のベスト100・中小企業庁長官賞という特別な賞を受賞

 限定プランでお得にご利用♪宿泊予約なら【一休.com】

 

「過剰すぎる接客ではなく、自宅にゲストを招くときのような自然体の接客」。

地域でいちばん、その日いちばんの素材を集めた料理。

心地よい眠りの環境作り。(寝具の質や温泉、そしてアロマの香りなど)

里山十条は一般的な高級旅館と異なりますが、

まるで実家のように心地よく滞在することができます。

違った季節にまた訪ねてみたいと思います。

 

 

                             よろしくお願いします!  

                          にほんブログ村 旅行ブログへ
                         にほんブログ村

 

 

 

群馬 吹割れの滝(名滝百選)で自然満喫!

 

 

都内からも、上信越からも身近な群馬で

 

とても豊かな自然に出会えました!



沼田から日光方面に車で20~30分、吹割れの滝(滝百選 )です。

 

片品川の侵食が作り出した東洋のナイアガラと言われる滝です。

 

幅30メートルを3方向から川底に向かい急流が落ちていく様は圧倒されます!

 

f:id:katumikosi:20160521151351j:plain

 

 

f:id:katumikosi:20160521151340j:plain

 

 

f:id:katumikosi:20160521151316j:plain

 

 

遊歩道も新緑の中をゆっくり回れる1時間コースと、

 

滝の近く,マイナスイオンを受けながら歩く

 

20~30分コースが整備されていました。

 

秋の紅葉シーズンにも是非訪ねてみたいです。

 

f:id:katumikosi:20160509132011p:plain

 

f:id:katumikosi:20160509132101p:plain



 

お宿は、少し北に移動して谷川 別邸 仙寿庵がお勧めです!

 

 

広大な自然に囲まれ、静かで解放感のある環境。

 

お部屋の広さや設備、お宿の細やかな気配りや

 

スタッフのおもてなし等どれをとっても申し分なかったです。

 

普段頑張っている自分や家族にご褒美の旅を!

 

                              谷川  別邸 仙寿庵

 

限定プランでお得にご利用♪宿泊予約なら【一休.com】

          

 

 

お食事はコシヒカリで有名な新潟・魚沼の人に

 

「美味しいごはんですね。」といわせるほど、

 

食事、特にお米が本当に美味しいのです。

 

美味しい白米は、お菜がいらないって実感しますよ!



吹割れの滝の近く、老神温泉も魅力的ですね。

 

                       老神温泉 仙郷

 

限定プランでお得にご利用♪宿泊予約なら【一休.com】

 

 

                    

                          よろしくお願いします!  

                     にほんブログ村 旅行ブログへ
                     にほんブログ村

 

月刊新潟Komachiにコメント載せていただきました!

f:id:katumikosi:20160406140733j:plain

このところの暖かさで、甲信越も桜満開です!

 

先日このブログを月刊新潟Komachiで見つけていただき、

 

3月25日発売号「この春叶える7つの旅」特集に

 

お勧めの国内スポットを紹介(コメント)させていただきました。

 

素敵な場所が沢山紹介されています。

 

読んでみてくださいね。

 

                    

                          よろしくお願いします!  

                     にほんブログ村 旅行ブログへ
                     にほんブログ村

 

春は黒い新幹線・現美新幹線で新潟縦断をしてみませんか?

 

現美新幹線「GENBI SHINKANSEN」

 

上越新幹線の越後湯沢-新潟間を走行する

現代アートを楽しむ観光特別列車・現美新幹線

今春より休日を中心に観光列車として運転される予定です。



すでにJR大宮駅で報道公開されていましたが、

運転期間の発表がありました。

 


運転開始は4月29日(金・祝)で、

6月末までの土日、ゴールデンウイーク期間に走行予定。

       (7月以降については決まり次第、案内)

 

とき451号 越後湯沢 8時24分発~新潟 9時14分着

とき452号 新潟 11時26分発~越後湯沢 12時20分着

とき453号 越後湯沢 12時44分発~新潟 13時38分着

とき454号 新潟 14時02分発~越後湯沢 14時56分着

とき455号 越後湯沢 15時20分発~新潟 16時14分着

とき456号 新潟 18時18分発~越後湯沢 19時08分着

 

越後湯沢~新潟 1日3往復 楽しみです!




車両全体がギャラリーとなり、

車内で現代アートの展示を行うというものです。

映画監督である蜷川実花氏の長岡花火写真のアートを外観に、

車内のデザインを「絵画」の松本 尚さん、

「立体」の荒神明香さんと、アーチストたちが担当した

現代アート」の新幹線、現美新幹線です。

 

JR東日本によると、座席数を通常の3分の1に減らし、

片側の窓をふさいで展示スペースを確保。

世界最速の芸術鑑賞”を楽しめるといいます。

新潟にお出かけの方は、是非乗ってみせんか?

 

f:id:katumikosi:20160226104954j:plain

 

  

JR東日本 現美新幹線 GENBI SINKANSEN

HP http://www.jreast.co.jp/genbi/

 

 

          

                    

                          よろしくお願いします!  

                     にほんブログ村 旅行ブログへ
                     にほんブログ村

 

雪の新潟をホテル日航より一望

 

都内から新幹線で1時間ちょっとで新潟県

北に位置する新潟市は2時間で到着の、南北に長い新潟県です。 

ご縁があり、よく訪ねます。



今回は雪に包まれ、静まり返った新潟の様子です。

市内が一望できるホテル日航新潟からの美しい冬景色です。

 

ホテル日航新潟は上層階宿泊となるため、 

信濃川、新潟の夜景、また冬の荒れた日本海も美しくせまります。

 

f:id:katumikosi:20160130151522j:plain        

 

              

                                ホテル日航新潟        

             高級ホテル・旅館の予約なら【一休.com】

 

f:id:katumikosi:20160130151615j:plain

 

 

                          よろしくね!                 

                    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
                    にほんブログ村

北陸新幹線で古都金沢へ!

 

 

2015年3月14日、北陸新幹線が金沢まで開通しました。

大変なにぎわいでしたが、金沢楽しんできました!

 

金沢駅の東口を出ると、この鼓門(つつみもん)が迎えてくれます。

f:id:katumikosi:20151214113943p:plain

 

伝統芸能に使われる鼓をイメージしたものだそうです。

ここより和の世界に入っていく感じでワクワクします!

 

ほとんどの金沢観光に、ここ(駅東口)からバスでいく事が出来ます。

案内板も分かりやすく、また観光地が近くに集まっているため

とても移動しやすくなっています。

 さすが観光の町です。

 

近江町市場でいただいた海鮮丼、

長町武家屋敷の贅を尽くした野村家のお庭やお屋敷

ひがし茶屋街の国指定重要文化財、志摩などに

感激してきました!

 

 

金沢市民の台所といわれる近江町市場(おうみちょういちば)は、

昔からのスタイルが続いていて、

市民も観光客も大勢足を運んでいます。

まず近江町食堂の海鮮丼を食べに行ってみました。

お値段も手ごろで、新鮮な日本海の魚介類が沢山。

大変おいしくいただきました!

 

 


金沢ひがし廓  志摩

ここは国の重要伝統的建造物群保存地区となっています。

加賀藩が点在していたお茶屋をここに集めて町割りしたもの。

すばらしい当時の茶屋を思い描ける琴、

三弦や道具が展示されていました。

芸どころ金沢の礎となったそうです。

 

f:id:katumikosi:20151214114236j:plain

f:id:katumikosi:20151214114253j:plain

f:id:katumikosi:20151214114319j:plain

f:id:katumikosi:20151214114351j:plain

 

 

長町武家屋敷・野村家

長町で唯一、一般公開されている武家屋敷跡

代々奉行職を歴任してきた加賀藩士・

野村伝兵衛信貞の屋敷跡を公開しており、

格式を重んじた当時の様式を見学できます。

 

野村家の庭園には樹齢400年近い椎の木や山桃、

大雪見灯篭、濡れ縁の下までくる曲り水など

屋敷との調和が和の美しさを見せていました。

 

お屋敷も文化的に大変見どころがあり、総檜つくりの天井

ギヤマン入りの障子戸や狩野派の山水画の襖など

贅を尽くした野村家を堪能できました。

長町には、外国の方がとても多くインターナショナルですね。

 

f:id:katumikosi:20151214114647j:plain

 

f:id:katumikosi:20151214114742j:plain

 

 

宿泊は駅(兼六口)から歩いて3分の

料理旅館 金沢茶屋に泊まりました。

観光で訪ねたときは、駅近(金沢茶屋)は何と言っても嬉しいです。

 

金沢茶屋は、格子や畳をモダンに使った和風のお宿です。

あの加賀屋グループだそうです。

ロビーラウンジから和の雰囲気に包まれ、

非日常の世界が迎えてくれました。

 

金沢は本当にいたるところに細やかな心遣いがあり、

旅を満喫できる観光地ですね。

 

食事も「つづみ」で、目と舌と心で楽しませてもらい

大変美味しくいただきました。「ご馳走様でした!」

 

温泉旅館で心地よいひと時を 宿泊なら【一休.com】

 


21世紀美術館

2004年オープンの現代アート美術館

公園のような美術館をコンセプトというだけあって

体験アートも建物内外に設置され、

広々と明るく、子ども達も1日楽しめる美術館です。

 

f:id:katumikosi:20151214135632p:plain

 

 

 

 

 兼六園

金沢と言えば兼六園を思いだす方も多いでしょう。

四季ごとに庭園の雰囲気が変化し

紅葉、雪吊りなど四季折々の美しさが楽しめます。

 

春に来たときは桜吹雪の中を歩きました。

次回には、冬の風物詩「雪吊り」を是非見に来たいです!

雪が付着することで樹木の枝が折れないように、縄で枝を保持。

兼六園の雪景色を一層美しくしますね。

 


和菓子つくり

金沢観光物産館では、和菓子つくり にも挑戦しました。

老舗和菓子の職人さんから、上生菓子の作り方を親切に教えていただき

自分で作った3個と、職人さんが作った1個の計4個を持ち帰ることができます。

女性に混じり果敢に挑戦していた男性の姿も!

 

自分で作ったものは美味しい!ですね。

 

f:id:katumikosi:20151214115409j:plain

                  まあまあですよね!?

 

 

 

加賀藩が行った文化奨励策の加賀水引にも出会えました。

加賀水引は今も希少伝統工芸として受け継がれているんですね。

f:id:katumikosi:20151214115552j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:katumikosi:20151214115611j:plain

 

 

 

帰りの新幹線の時間まで少しありましたので、

金沢おでんいただきました。有名なのだそうですね。

肉おいなりや車麩など珍しい種に出会えました。

お味も濃すぎず、薄すぎず美味でした。

ちょっと時間があれば、日本酒でも頂きたい!という感じでした。

 

和の美しさにひたりながら歩き

美味しいものをいただき、

ゆったりとした良い時間を過ごせました。

女性に人気の秘密がわかります。

 

次は冬の金沢を楽しみにして!

 

                    

                          よろしくお願いします!  

                     にほんブログ村 旅行ブログへ
                     にほんブログ村

 

あこがれの妙高・赤倉観光ホテルで美しい雲海に出会う!

 

11月中旬 紅葉も終わりを迎え、

 妙高は朝晩かなり冷え込んでいました。 

赤倉観光ホテルに入る前に、近くのいもり池に寄ってみました。

 

f:id:katumikosi:20151114175806j:plain

赤倉いもり池は人影もまばらですが、晩秋の景色もいいものです。

春は水芭蕉の群生地だとか。




いよいよ楽しみにしていた赤倉観光ホテル到着。 

標高1000メートルの赤倉観光ホテル 

さすがに高い、寒いです!

 

死ぬまでに行きたい!世界の絶景」ホテル編に載っていて、 

是非宿泊してみたいと思っていた赤倉観光ホテル

 先日はTVでも、素晴らしい雲海が見えるホテル 

ということで取り上げられていました。

 

 

赤倉観光ホテルの新館は、お部屋からも大浴場からも 

野尻湖一帯が一望でき、ホテルの建っている 

妙高山の斜面の紅葉も美しく絶景です。




大浴場も、お部屋の露天ぶろも源泉かけ流し 

大浴場の脱衣場にはテラスが付いていて、 

芯から温まって熱った体を落ち着かせながら、 

テラスに出て妙高の大自然を満喫している方が大勢いました。

 



朝6時半頃 山頂から朝日が顔を出してきて、 

ダイヤモンド妙高?という感じ! 

露天風呂やテラスでは、みなさん知らない方同士が 

「素晴らしいわねえ!」と話しながら見とれていました。




赤倉温泉は、江戸時代に開湯された歴史のある温泉。 

妙高山の中腹より噴出(51度)しているのだそうです。 

さらりとして、とても温まる温泉でした。

 

  泉質  硫酸塩泉・炭酸水素塩泉     

  効能  切傷・美肌に特に効能があり、湯冷めしにくい

      神経痛・筋肉痛・関節痛・慢性消化器病・動脈硬化など




                   高級ホテル・旅館の予約なら【一休.com】

 

 

赤倉観光ホテルは創業者、大倉喜七郎氏が 

帝国、上高地帝国、川名ホテルなどを造り 

現在の帝国ホテル、オークラホテルの礎を築き上げた方だそうです。、 

食事はさすがに伝統あるフランス料理。 

地元の旬のお野菜をふんだんに使い、 

大変おいしくいただきました。 

 

夕食も、朝食も野尻湖側に席が用意されていて、 

美しい夜景と朝の雲海を楽しみました。




野尻湖のずっと左手には、黒姫高原あたりまで眺めることができ 

夜には妙高イルミネーションが見えました。



朝の雲海は、野尻湖の上に美しく出ていましたが、 

妙高山の山麓にはうっすらで少し残念でしたが 

美しい朝の高原を満喫しました。

 

 

f:id:katumikosi:20151114180338j:plain



近くの火打山も、りりしく美しく立っていました。

f:id:katumikosi:20151114180437j:plain

 

 

 

野尻湖まで足を延ばし、晩秋の中ドライブを楽しんで帰路につきました。 

違った季節も 楽しみたい赤倉観光ホテルでした。

 

                        よろしくね!               

                   にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
                   にほんブログ村