小さな贅沢を楽しむ女子旅ノート!

小さな贅沢を楽しむ女子旅ノート まだ見ぬ景色や人、美味しい食べ物との出会いを楽しむ女子旅をお話しします!

日本のミケランジェロ 石川雲蝶と出会う新潟 魚沼の旅

 

 

日本のミケランジェロ

 

越後のミケランジェロと言われる石川雲蝶は、

 

1814年、江戸で生まれました。

 

江戸彫りの一流派・石川流の本流門人として、

 

20代ですでに彫物師として名を馳せていたそうです。

 

f:id:katumikosi:20160809172633p:plain

           パンフレット

 

 

f:id:katumikosi:20160703141716p:plain

 

越後入りしたのは30代前半。

 

三条・本成寺の世話役と金物店で

 

出逢ったことに端を発するようです。

 

 

良い酒とノミを終生与える。」が、

 

越後入りを決めた理由とか・・

 

のちに三条の酒井家に婿入り。

 

 f:id:katumikosi:20160703141757p:plain

         ※建物内の撮影は禁止です。

 

 

 

 

 

謎に包まれた雲蝶の人物像と圧倒的なまでに

 

美しい作品の数々をご紹介しています。

  ↓   ↓

     

にいがた観光ナビ

特集 日本のミケランジェロ 石川雲蝶 

 

六日町観光協会 

 名工・石川雲蝶の作品をじっくりゆっくり堪能するバスツアー

 

越後湯沢発 日帰り観光バス 3時間~1日コース

のらっしゃいこころ号

 



 

 

ノミを握ると彫りの鬼と化し、

 

作品と向き合ったと言われる雲蝶

 

その作品は木彫りにとどまらず石彫や絵画まで及び

 

日本のミケランジェロと称えられています。



三条の住まい、菩提寺のの本成寺が火災で資料消失のため

 

謎めいた部分が多いと言われています。




 

 

魚沼の地で初めて手掛けた大作 

 

越後日光の異名を持つ西福寺・開山堂

 

当時の住職が道元禅師の世界を表現するよう雲蝶に依頼したもの。

 

雲蝶にとって一人で手掛ける初めての大作となっています。

 

堂内の天井一面に施された「道元禅師猛虎調伏の図」は

 

驚き、感嘆、壮観!どの言葉をもってしても、足りません。

 

 

 


上越新幹線浦佐駅」から車で10分・開山堂)
 

  ↓   ↓

(開山堂より車で20分で永林寺)

 

 

 

 

少し移動して堀之内IC(関越自動車道の近くの

 

永林寺も行ってみました。


永林寺は松平光長(越後高田藩主)の菩提所として

 

本堂建築を認められ、葵の紋章を許された由緒ある曹洞宗



こちらの和尚との賭けに負けた雲蝶は13年という月日をかけ、

 

彫刻、絵画など100点を超える作品を

 

手がけたと言われています。

 

天女、雲水龍、蛇身鳥物語の欄干など

 

立体感、躍動感のある細密な彫りです!

 

襖絵なども素晴らしく、雲蝶の絵師としての

 

素晴らしい才能も実感できます。

 

雲蝶を見て回る間、感嘆の声があちこちから聞こえてきます!

 

秋の苗場のドラゴンドラ お勧めです!

 

 

 

 

 

 魚沼の自然に囲まれ、

 

実家にいるようにゆったりと過ごせたお宿 里山十帖 

  里山十条では、自然に囲まれ、ゆったりと流れる時間の中、

 

普段の生活を見直す、大切な時間を過ごすことが出来ました。

 

里山十帖 自然派新潟ワインと「自然派 日本料理」のマリアージュ

 

 

 

温泉旅館として、初めてグッドデザイン賞のベスト100・

 

中小企業庁長官賞という特別な賞を受賞

                       

里山十条は一般的な高級旅館と異なりますが、

 

まるで実家のように心地よく滞在することができます。

 

違った季節にまた訪ねてみたいと思います!

 

 

 

 

                             よろしくお願いします!  

                          にほんブログ村 旅行ブログへ
                         にほんブログ村