小さな贅沢を楽しむ女子旅ノート!

小さな贅沢を楽しむ女子旅ノート まだ見ぬ景色や人、美味しい食べ物との出会いを楽しむ女子旅をお話しします!

出雲大社から玉造温泉・松江宍道湖温泉とアラフォー女子旅ノート

 小さな贅沢を楽しむ女子旅

 

企画からにぎやかで、旅に出ればお喋りしながら歩き、

 

素敵な景色に感激!写真を撮り、美味しいものを食べます!

 

温泉も大好き!そんな旅をお話していきたいと思います。

 

 

 

今回は、パワースポット出雲大社と松江の旅 です。

 

羽田より出雲縁結び空港へ(空港の名称がすでに旅気分の始まり) 

 

出雲縁結び空港からレンタカーで出雲大社 

   ↓   ↓   ↓

 

パワーに満ちた出雲大社・古代出雲歴史博物館へ

   ↓   ↓   ↓

 

玉造温泉・佳翆苑 皆美へ

   ↓   ↓   ↓

 

夕日スポットで恋人たちに混じり、うっとり

 

 

アラフォー女子でも、ゆったり運転できる道路でした。

 

道はまっすぐ続き、観光地なのにすいています。

 

鼻歌交じりで 飛ばせます!

 

 

おすすめ 

出雲大社 

f:id:katumikosi:20151104134013j:plain

旧暦10月(新暦では11月)は出雲は神有月!(他の神様が集まる) 

 

素直に新暦10月に行ってしまいました!? 

 

あらゆるご縁を結ぶと言われている出雲大社 

 

「これまでのお礼と、家族の健康、これからも仕事を頑張ります。 

 

見守ってください。」とお願いしてきました。

 

住所と名前をきちんと名乗ること!を忘れずに。

 

ここは恋愛だけでなく様々な“良いご縁”をたぐりよせる神社です。

 

一緒に旅した友人は前日からの頭痛で服薬して出掛けましたし、 

 

私も眩暈が起きていて心配していましたが、

 

出雲大社を歩き、気づくと元気に!

 

これも、出雲大社のパワーでしょうか。


f:id:katumikosi:20151104133941j:plain

出雲大社のある松江は、その昔廃城令のなか

 

天守だけはと、豪農や元藩士らがお金を国に治め

 

買い戻さし保存されたということ。

 

そのようなお城を大切に思う地域がらか、

 

ボランティアの方がとても多く

 

親切に、細かく案内をしてくださりました。

 

 

 ※ 出雲大社の公式ウェブサイトのアドレスは「izumooyashiro.or.jp

 

   サイト上の「よくあるご質問」ページでも、

 

 「一般的にはいづもたいしゃと申しておりますが、

 

 正式にはいづもおおやしろです。」と説明されている。

 

 2017.5.11 あるツイッターユーザーの指摘から反響を呼んでいるそうです!

 

 私も ずっと「いずもたいしゃ」と言っていました・・・

              ーーーーー2017年5月31日記ーーー

 

おすすめ

 

出雲のおそばとぜんざい

 

 毎日、おそばと甘いもの食べようね!!

 

これは私達の念願でした。

 

ほんと3日間美味しくいただきました。 

f:id:katumikosi:20151104134254j:plain

 

 さらっとした玉造温泉にゆったり

 

玉造温泉の成分(硫酸塩・塩化物泉)の効能で、

 

硬くなった肌や患部を動きやすくする、

 

皮膚の弾力性を強化、しわになりにくい効果、

 

角質層の再生、天然温泉パックと言われています。

 

塩分が皮膚にまくをつくり、汗の蒸発を防ぎ保温効果がある。

 

玉造温泉 佳翆苑 皆美 到着時、就寝前、朝と温泉満喫です。

 

        

                    旅ならるるぶトラベル

 

 

 

 

2日目

玉造温泉出発(車で市内移動 初めて駐車で渋滞らしきものに遭遇) 

   ↓   ↓   ↓

 

松江城・ぐるっと松江 堀川めぐり 

   ↓   ↓   ↓


その後、松江城 

    ↓   ↓   ↓

 

大根島 ・ 日本庭園由志園(日本庭園・ボタン園)を楽しむ 

    ↓   ↓   ↓

 

松江しんじ湖温泉なにわ一水

 

 

おすすめ

 

ぐるっと松江 堀川めぐり

 

松江城築城時に作られた堀川、松江城から城下町を船旅で一周。

 

同船した女子5人のみなさんと、童心にもどって楽しく。

 

その後、またまた出雲そばとぜんざいをいただく!

 

f:id:katumikosi:20151104134130j:plain

 

その後、日本庭園由志園(日本庭園・ボタン園)を楽しむ。

 

四季を問わず美しい牡丹の花が咲き、

 

貴重な漢方薬として知られる高麗人参が特産との

 

小島(大根島)が中海に浮かんでいました。

 

大根島までまっすぐに海上をドライブ!不思議な感じでした。

 

 

f:id:katumikosi:20151104144059j:plain

 

宍道湖温泉は湖岸深くからから湧き出す77度の天然温泉で

 

ナトリウム、カルシウム硫酸円、塩化物質など

 

神経痛・筋肉痛・関節痛・冷え症などに効果があるそうです。

 

松江しんじ湖温泉・なにわ一水 でも、3度 温泉でゆったり。

                   旅ならるるぶトラベル

 

 

玉造温泉・佳翆苑 皆美も、松江しんじ湖温泉・なにわ一水の食事も

 

出雲そばも甘味も島根の食べ物はみな大変おいしかったです!

 

旬の食材、宍道湖七珍と言われるスズキ、モロゲエビ、ウナギ、

 

アマサギシラウオ、コイ、シジミの七名物と言われているのだとか。

 

堪能させてもらいました。

 

 

3日目

松江しんじ湖温泉

    ↓   ↓   ↓

 

足立美術館へ(車でルンルンドライブ50分)

    ↓   ↓   ↓

 

米子鬼太郎空港へ(空港名はゲゲゲの鬼太郎より。)

    ↓   ↓   ↓

 

羽田空港無事到着

 

 

おすすめ

文豪 小泉八雲が愛したという宍道湖をゆったりと眺め

 

朝食では、本当に美味しいシジミのお味噌汁 ご馳走様でした!

 

早朝焼けの宍道湖には、しじみ漁の船が沢山出ていました。

 

船の上で選別、小さい貝はまた湖に戻すそうです。

f:id:katumikosi:20151104134219j:plain

 

 

足立美術館も時間をかけてゆっくりみたかったところ。

 

古山水庭や白砂青松庭など6つの日本庭園が

 

5万坪の敷地に広がってアメリカの庭園雑誌でも

 

11年間日本一位が続いているそうです。

 

近代日本画横山大観などの展示もゆっくりと

 

見てまわり、1日を過ごしました。

 

茶室でまたまたお抹茶と甘味を美味しくいただきました 。

 

f:id:katumikosi:20151104134307j:plain

 

米子鬼太郎空港は「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、

 

水木茂氏の出身地ということで

 

空港のいたるところで鬼太郎の妖怪たちと遭遇しますよ。

 

米子鬼太郎空港で最後のおそば!堪能しました。

 

10月好日 お天気にも恵まれ楽しい出雲・松江の旅でした!

 

 

 

                      よろしくお願いします!  

                  にほんブログ村 旅行ブログへ
                  にほんブログ村