小さな贅沢を楽しむ女子旅ノート!

小さな贅沢を楽しむ女子旅ノート まだ見ぬ景色や人、美味しい食べ物との出会いを楽しむ女子旅をお話しします!

今日も楽しく 越後一宮 弥彦神社と岩室温泉 著莪の里ゆめや

小さな贅沢を楽しむ女子旅ノート

 

今回は紅葉真っ盛りの美しい弥彦神社岩室温泉(新潟)です。

 

日本海を見ながら気分よくドライブできましたので、ご参考に!

 

 

 1日目

上越新幹線 長岡駅発 

(車で30分)

   ↓   ↓

 

良寛記念館、良寛出雲崎町

(車で20分)

   ↓   ↓

 

寺泊 魚の市場通り(魚のアメ横)で取れたて魚介類、浜焼きをいただく

(車で25分)

   ↓   ↓

 

(新潟 岩室温泉)著莪の里 ゆめや

 

 

 おすすめ

 

良寛記念館http://www.ryokan-kinenkan.jp

 

良寛さまは、僧侶であり書家・詩人として有名です。

 

江戸時代1758年、越後出雲崎の名主橘屋山本家の

 

長男として生まれ、幼い頃から学問に親しみました。

 

22歳から岡山県円通寺にて仏道修行の後、35歳頃帰りました。

 

そして空庵を転々とした後、五合庵に定住、その後乙子庵に住んだ後、

 

和島の木村家草庵に移り、74歳で亡くなりました。

 

このように、良寛円通寺を離れてからは、生涯寺を持たず、

 

貧しいながらも清らかな生き方を通しました。

 

多くの詩や歌を詠み、それを書き遺した作品は、

 

日本美の極致とまで絶賛されて、今に伝わっています。

 

良寛さんの筆字は沢山残されていました。

 

柔らかく細い曲線の文字で、

 

引きつけられ見入ってしまいました。

 

子供達と遊んだ等の逸話から慈愛に満ちたお人柄が

 

文字にも表れ親しまれています。

 

子どもの時に歌った良寛さんの歌を思いだしました。

 

♪ 良寛さんは五合庵 筍のっこり 床の下

頭がつかえて可哀想 

ここからおいでと丸い穴

とんとことんとこ開けたとさ♪

 

やさしさが伝わる歌ですね。

 

お若い方は知らないみたいですね。

 

 

 おすすめ

 

(新潟 岩室温泉)著莪の里 ゆめや

f:id:katumikosi:20160129140116p:plain

                    

全10室で ゆったり広々とした客室

 

岩室温泉 著莪の里ゆめや

 

岩室温泉の中でも、奥に入った数寄屋造りの隠れ宿です。

 

自然に囲まれ、旬の食材を使った美味しい食事。

 

至福の時を過ごすことができました。

 

お湯も効能高き湯と歴史ある温泉だけあり 

 

とろ~りとなじみやすくいいお湯でした!

 

露天も落ち着いていて、奢著莪の里ゆめやでは

 

他のお客様と顔を合ることもなくゆっくり楽しめました。

 

食事もいろいろ希望を聞いてもらえ、お湯とお料理に大満足!

 

著莪の里ゆめやでの時間が心地よく翌日ゆっくりと宿を経ちました。

 

f:id:katumikosi:20151104153149j:plain

 

 また行きたい!お客様もお連れしたいお宿でした!!

 

6月末には 蛍も飛翔するとのこと。 

 

美しく つつましやかに迎えてくれます!

 

岩室温泉 著莪の里ゆめや

 

 ※岩室温泉

 「プロが選ぶにっぽんの温泉100選」に入る常連

 泉質:ナトリウム・カルシウム塩化物温泉

 効能:きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など。

 

                      旅ならるるぶトラベル

 

2日目

岩室温泉 ゆめや出発

(車で15分)

   ↓   ↓   ↓



帰りに越後一宮 弥彦神社をお参り

(車で50分)

    ↓   ↓   ↓

 

上越新幹線 長岡駅到着

 


 

弥彦神社平成27年(2015)で、

 

大正の御再建・御遷座から 数えて100年です。

 

弥彦神社はおやひこさんが女性で、カップルで行くと

 

やきもちで別れることになるらしいとのうわさが・・

 

これは地元の男性が温泉街に遊びに行くとき、

 

奥さんについてこられないようにとの嘘だったとのことです(笑)。

 

門前町もにぎやかで、温泉まんじゅう美味しかったです!

 

f:id:katumikosi:20151103164136p:plain

 

 弥彦公園のもみじも綺麗でした!

 

 11月は弥彦菊まつりも開催中です。

f:id:katumikosi:20151103163814p:plain

 

f:id:katumikosi:20151103154034j:plain

 

 楽しく ゆったりとした至福の旅でした。 

 

  

先日、冬の著莪の里ゆめや訪ねてみました。

 

f:id:katumikosi:20160129111033j:plain

 

f:id:katumikosi:20160129111047j:plain

 

冬の著莪の里ゆめやはすっぽりと雪に包まれ、

 

周りの喧騒を離れ、何もしない時間の贅沢、

 

心休まるひとときを、ゆっくりと過ごしてきました。



唐紙(からかみ)、簾(すだれ)、行灯(あんどん)、

 

畳の香り、雪見障子からの墨絵の世界、

 

主張する物は何もない日本の良さに癒されます。

 

f:id:katumikosi:20160129111147j:plain

 

f:id:katumikosi:20160129111226j:plain

 

食事は、越後の山海の素材を堪能できました。


温泉は雪景色を見ながら、ゆっくりと源泉の露天に浸り、

 

日本の素晴らしさに包まれたゆめやでの至福の時間でした。

 

旅ならるるぶトラベル             

 


               よろしくおねがいします!

            にほんブログ村 旅行ブログへ
            にほんブログ村